ブログ ブログ

「良い買物」自慢の落し穴

gold-fish

こんばんは、弟子の祐月です。

今日は「山の日」でしたね。

(寶月先生のステップアップアカデミーの開催日でもありました^^)

お盆前というのもあって、帰省されている方も多いでしょうね。

 

本日は「良い買物」自慢は自己評価を下げるということについて書きます。

 

今の時期は夏物の最終セールがやっていたりするので、

買うつもりはなかったけれど買ってしまう人もいると思います。

セールで掘り出し物を探すのが上手い人がいますよね。

そういう方は、戦利品をついつい、人に言いたくなったりします。

 

または、友人や家族から「いいね、それ」と指摘されると、

「そうでしょ?!実はね、これって〇〇〇〇円だったの!見えないでしょ?」

と言ったりするかと思います。

 

・・・実はこれ、

貧乏思考を自分に植え付けていることになるんです。

 

どういうことかと言いますと、

自分の持っているものが、実際の金額よりも高く評価されたのに、

それを否定し、『高く見えるものを安く買う私』をアピールしていることになります。

それはつまり、

ホンモノ(高価なもの)は買えない、

ホンモノを身に着けることはできない、

ということを、無意識に自分に言い聞かせているということです。

 

そしてそれは、

『自分は高価なものを身に着ける価値がない』

という、自己価値を下げることにつながります。

 

ここで考えてみてください。

自分の持っている・身に着けているものが

実際の値段より高く見えたということは、

あなたにそれだけの価値があるということです。

 

ブランド物を身に着けていても、中身の伴っていない人であれば、

そのブランドの名前に負けているか、下手すればニセモノに見えてしまいます。

 

一方、モデルさん達がプチプラの服を着ていても、

安く見えませんよね。

撮影効果もあるのかもしれませんが、

モデルの方の放つオーラが洋服を格上げしているのです。

 

ですので、良い買物をしたら、

人に自慢するのではなく、

『私はお気に入りのものを身に着けている、嬉しい♪』

と、そのものに対して愛や喜びの感情を持つようにしてください。

 

そして、「買い物上手」と褒められたときは、

謙遜せずに「ありがとう」と言うのがよいです。

その時にできれば、相手に褒め返せると相手も良い気持ちになれます。

 

褒めるところが難しい、という方もいらっしゃるかと思いますが、

これは習慣にしていくことでスッと言えるようになります。

ちょっとしたことでも「いいな」と思えることを教えてあげる気持ちでいるといいと思います。

 

この話は、寶月先生と「豊かなになるためにどうしたらよいか」という話題になった時に、

寶月先生からお聞きしたものです。

 

自分の持っているものを褒められたら、

素直にお礼を言って自己価値を高めていきましょう。

そして相手も褒めて、お互いが気持ち良い雰囲気になれたらいいですね^^

 

******************************************************

★望む現実を創る「ステップアップアカデミー」(通称:ステップ)を開催しています。

 8月はあと25日(金)です。(詳細はこちら

 

★日本で唯一の住まいに関するセミナー、「快適環境セミナー」も隔月開催しています。

 次回は9月開催予定です。(詳細はこちら

 

★寶月先生による個人指導の運気改善、奇門遁甲もございます。

 (詳細はこちら

 

お問合せ・お申込みはこちらからお願いいたします。

******************************************************

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

皆さまにすべての良きことが雪崩のごとく起こりますように。

お問い合わせ