ブログ ブログ

何かを始めたいと思うのに始められない時

sumer_beach

こんにちは、弟子の祐月です。

8月は雨が多く、雨上がりの今日はからりと秋の風になっていました。

また暑さが盛り返すようですが、秋はもう来ているようですね^^

新学期も始まったようで、お母さんたちもほっとしますね笑

 

さて、本日は「何かを始めたいと思うのに始められない時」についてです。

 

2017年もあと1/3になったということで、

今年中にやろうと思っていてまだ手をつけていないことがある方がいらっしゃるかと思います。

 

やろうという思いがある一方、やりたくないという気持ちもあるのですね。

そして「やりたくない」気持ちが強いから、

現在やっていないという状況だと思います。

 

この「やろうと思う」意識は顕在意識で、

「やりたくないと思う」意識は潜在意識によるものです。

 

意識のうち、顕在意識と潜在意識の割合は1:9(諸説あります)ですから、

そのままの状態でいれば、「やりたくない」という潜在意識が勝つのは自然なことです。

 

ですが、何も始めなければ変わることはありません。

まずは「やろう」という意思を強くすることが必要です。

 

そこでオススメなのが、

紙にやると得られる効果・やらなかったときの状況を書くことです。

 

例えば、自己研鑽の時間をつくるために朝1時間早く起きると決めたとします。

 

得られる効果は

 ・規則正しい生活リズムが身に着く

 ・家を出る時間が決まっているので、限られた時間内集中することができる

 ・頭が冴えているので頭に入りやすい

 ・出社しても、体が起きているのでパフォーマンスが上がる・・・などでしょうか。

 

一方、もしやらなかったとしたときの状況は

 ・朝時間がなく、イライラして1日が始まる

 ・出社しても調子が上がるまで時間がかかり、作業の能率もよくない

 ・残業してしまい、夜帰宅しても疲れて自己研鑽の時間を取らない

 ・夜型の生活で健康にもよくない・・・等を書きます。

 

こうして紙(またはデジタルのメモ帳など)に書き出して

効果を比較することで、意識的に「やった方がいい」という強い意志が持てます。

そして、理想の生活を送っている自分をイメージし、

その余韻に浸ってみてください。

人はイメージしたとおりの現実を創りますから、

まず達成した自分を先に味わっておくと、失敗の確率が低くなります。

 

そうしたら、その日、もしくは次の日から早速始めてください。

ここでポイントなのは、どんなに辛くても21日間続けるということです。

 

どうして21日かというと、

脳科学的に、新しい習慣を身に着けるのに必要な期間が21日といわれているからです。

最初は面倒くさい・辛いと思っていたことも、

毎日続けるとそれに慣れ、それが苦にならなくなります。

(食後の歯磨きの習慣を思い浮かべてみてください^^)

 

自分にとって有益なことも、

変化を嫌う脳にとっては面倒くさいことになります。

ですが、それをまず21日間続けて効果を実感できるようになると、

「苦」から「快」に変わり、楽に続けられるようになります。

 

もし最初の21日間のうち、できなかった日があっても、

自分を責めることなく、次の日からまた始めてみてください。

 

大きな変化を起こすには、小さな変化を積み重ねる必要があります。

是非、小さな良い習慣を少しずつ習慣にしてみてください^^

 

*************************************************************

★自分の望む現実を創るコツが学べる、 

 「ステップアップアカデミー」(通称:ステップ)を開催しています。

 9月は8日(金)と22日(金)です。(詳細はこちら

 

★日本で唯一の住まいに関するセミナー、

 「快適環境セミナー」は隔月開催しています。

 次回は9月28日(木)です!(詳細はこちら

 

★寶月先生による運気改善の個人指導、奇門遁甲もございます。

 (詳細はこちら

 

お問合せ・お申込みはこちらからお願いいたします。

*************************************************************

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

皆さまにすべての良きことが、雪崩のごとく起こりますように^^

お問い合わせ