ブログ ブログ

感謝の反対語

pink_rose_flower

こんにちは、弟子の祐月です。

桜が満開で、天気が良く温かい日は、思わずお花見をしたくなりますね^^

小さな花も咲いていて、鮮やかな春を感じます。

 

さて本日は、感謝の反対語についてです。

 

まず、「感謝」の反対語って何だと思いますか?

 

反対語辞典によると「怨嗟(えんさ):恨み嘆くこと」だそうです。

ですが、「感謝」が「ありがたいと思うこと」ですので、

その反対は「ありがたいと思わないこと」ですよね。

 

累計納税額日本一の斎藤ひとりさんによると、

感謝の反対語は

当たり前

だそうです。

 

私たちの脳は省エネしたがる性質があるので、

何かいつもと違うことがないと反応しないようになっています。

 

そのため、あらためて考えると「ありがたい」と思えるようなことであっても、

それを「当たり前」だと処理して、それに目を向けることをしないでいます。

(例えば、新しい朝を迎えることができたこと、目が見えていること、両手両足が不自由なくつかえることなど)

 

そして、

「当たり前にできないこと」=「不自由」⇒不平・不満

と、いつもと違うことを嫌なことと捉えています。

 

脳は自分の意識を向けているものを探す機能があるので、

不平・不満に意識を向けていると、

そのような物事ばかり起こります。

 

ですが、私たちは自分の意識の向ける方向を決めることができます。

 

今まで「当たり前」だと思っていたことに、

ありがたいと感謝することができるようになると、

脳は「ありがたい」と思えるような物事を探すようになります。

 

そして、感謝の気持ちを感じる生活に変えることができます。

 

「当たり前」という傲慢な考えを手放し、

「当たり前だと思っていたことは、すべて感謝すべきことだった」ことに気づき、

感謝できるようになると、現実が変わってくると思います。

 

********************************************************

★本日、望む現実を創るヒントが学べる、

 「ステップアップアカデミー」(通称:ステップ)が開催されます!

 4月はあと21日(金)に開かれます。(詳細はこちら

 

★個別で運気改善をする奇門遁甲も行っています。(詳細はこちら

 

お問合せ・お申込みはこちらからお願いいたします。

********************************************************

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

皆さまに素晴らしいことが雪崩のごとく起こりますように^^

お問い合わせ