ブログ ブログ

自分評価を軸にする

bright_flower

こんにちは、弟子の祐月です。

急に涼しくなり、秋の深まりを感じますね。

秋は〇〇をするのにいい、と言われたりもしますので、

今までやろうと思いつつやっていなかったことに

思い切って挑戦するのもいいですね^^

 

本日は、「他者評価ではなく、自分評価を基準にする」ということについてです。

 

私たちの多くは、他者から認められることを通じて自己評価をしているように感じます。

小さい頃は、今までできなかったことができるようになると、

親や周りから褒めてもらえていたので、

大人になっても、他者評価を無意識に続けています。

(脳科学では、9歳くらいまでの時の思考パターンでその後もいくそうです。)

 

でも、皆さんもおわかりかと思いますが、

大きくなると、みんなと同じことができることが「当たり前」で、

周りが褒めてくれるという機会は幼少期に比べ格段に少なくなります。

 

人よりも抜きんでて、結果を出してようやく他者から評価される、

そんな環境になります。

 

人一倍努力して結果を出せれば他者からの評価が得られ、

自分も自分に対して好意的な評価をくだすことができます。

 

一方、すごく努力したのに結果が伴わなかった場合、

他者からの評価は得られず、結果の出なかった自分に落ち込んだり、

自分はダメな奴というレッテルを自分で貼ったりするわけです。

 

このように、他者評価で生きるというのは、

自分を常に追い込む必要があり、苦しい側面があります。

そして他者から思ったような評価を得られないと、悲しくなったりします。

 

そこで、他者評価ではなく自分評価を基準にすると、

その苦しい環境から抜け、穏やかな環境に入ることができます。

 

たとえ結果が出ても出なくても、

誰も評価してくれなくても、

頑張っている自分を「すごいね、偉いね」と褒めるのです。

 

自分の頑張りは自分が一番よくわかっています。

 

たとえ今何もしていなくても、

「こうして生きている私って、すごい」と自分を褒めてみてください。

 

今まで自分を褒めていなかった人は、

自分を褒め始めた時に、涙が出るかもしれません。

 

それは、「自分をわかってくれた」という

潜在意識からの喜びの涙です。

 

どうぞ、ご自身を労わり、ご自身へ愛情を注いでください。

心が満たされると、現実が変わってきます。

 

*****************************************************************

★望む現実を創るコツが学べる、

 「ステップアップアカデミー」(通称:ステップ)」を開催しています。

 今月は11日(水)と26日(木・上級編)です。(詳細はこちら

 

★寶月先生による運気改善の個人指導、奇門遁甲もございます。

 (詳細はこちら

 

★日本で唯一の住まいに関するセミナー、

 「快適環境セミナー」を隔月開催しています。(詳細はこちら

*****************************************************************

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

皆さまにすべての良きことが雪崩のごとく起こりますように^^

お問い合わせ